「ゆきげ」のコンセプト

  1. 大切な人を失ったときの葬儀にともなう組合員の精神的・経済的負担を軽減します。
  2. ゆきげ利用者を増加させる事を通じて、葬祭サービスが消費者本位に転換する事に貢献します。
  3. 葬儀を特別視しない事により、「死」を真正面 からとらえ、こころ豊かな「生」を提案します。

名前の由来

ゆきげマーク

 ロゴマークの意味

マークの6角形は、早春の日ざしを受ける雪解けの水のきらめきを表現したもので、悲しみを乗り越える事で新たな季節を迎えて欲しいという、「ゆきげ」の思いが息づいています。

 ネーミングの由来

「ゆきげ(雪消)」とは、雪が解ける事を意味します。それは、雪が早春の日差しを受けて徐々に解けていくように、人が悲しみから徐々に立ち直る様子を象徴しています。「ゆきげ」は、ご葬家の悲しみごとが癒えるまでをトータルでお世話する姿勢を表現したネーミングです。

「ゆきげ」が提供する葬祭サービス

  1. お葬式に関する知識、情報不足の解消
  2. 365日24時間体制の受注、施行
  3. 「ゆきげ」仕様による安心施行
  4. 信頼できる提携社ネットワーク

生協ってなあに?

生協イメージ 組合員が作り、育て、みんなで喜びを分け合う、生協は人と人を結ぶふれあいの場です。

だれもが暮らしやすい健全な社会を目指し

個人や家族の幸せから世界の平和まで・・・。私たち生協は、地域の皆さんと一体となって、安全・安心な商品の開発・平和・環境・福祉・文化などの多彩な取り組みを通じて、だれもが暮らしやすい健全な社会を目指した運動と事業を行っています。

生協を支えるのは、組合員一人ひとり

イメージ画像 生協は、組合員がお金を出し合い(出資)、運営、利用する組合員の組織です。
みんなの利用で生まれた剰余(利益)は

  1. 生協の将来の発展のために積み立てる
  2. みんなで利用するサービスや施設の建設のために使う
  3. 組合員へ還元する
    という方法で分配します。

 つまり、組合員一人ひとりの参加が生協を支え、みんなの暮らしを支えているということ。いままでも、そしてこれからも変わらない、生協の一貫した理念です。
事業年度の終わりに、年間を通じて十分な剰余が出た場合には、組合員の皆さんに出資に応じた配当と利用額に応じた割り戻しがあります。毎年の総代会(組合員の代表が集まる生協の最高意志決定機関)で決定します。

出資
出資金は生協を支える大切な「資金」です。
利用
生協のサービスを利用できます。
運営
生協は会社組織ではないので、組合員一人一人が運営者として参加できます。色々な意見や要望を出し合って、よりよい組織作りを目指します。

TOPに戻る

前のページに戻る

資料請求「個人情報の保護」について会社概要
©2000- 株式会社コープ総合葬祭 TEL:045-473-0534
 
生協(コープ)のお仏壇「ゆきげ」 姉妹サイト